長水バレーボール協会

  • 協会の活動
  • 大会スケジュール
  • チーム紹介
  • お問い合わせ
  • リンク集
  • チーム登録
  • 大会結果

長水バレーボール協会の活動

協会の活動内容について説明します。

会長あいさつ

長水バレーボール協会会長 三ツ井 晋

平成25年度より会長に就任しました夏目です。
就任にあたり一言ご挨拶申し上げます。
 皆さんもご存知のとおり、体罰・セクハラ問題等により、日本のスポーツ界全体が冷え込んでいるのが現状です。これは、私たちのバレーボール競技においても同様であり、特に子供たちのスポーツ離れは将来の日本のスポーツ界にとっておおきな影となっています。
体罰を含めた暴力行為は、決して許されざる事ではありません。
私もバレーボール指導者の一人として、今改めて選手一人一人の人格を尊重し健全なる技術の向上に注力すべきであると考えています。
 これまで築いてこられた諸先輩方の意思を引き継ぎ、皆様とともにバレーボール競技の更なる普及・発展に取り組んでいこうと決意しています。
これからもこのホームページ等を通して、様々な情報を積極的に発信したいと思いますので、これまで以上に当協会の活動に対し、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

平成25420
長水バレーボール協会
会長  夏目 幸吉

沿革

当 協会は、1946年(昭和21年)に「長野市バレーボール連盟」として発足し、以来60年幾多の変遷を経て、1966年に長野県バレーボール協会の傘下組 織として「長水バレーボール協会」が誕生しました。その間協会としてはバレーボールの普及発展に努め、体育文化の伸長に寄与してきました。
当協会の最も主たる大会は、協会創立以来、春・秋の年2回開催されてきた「長野市長杯バレーボール大会(9人制)」それも1962年(昭和37年)に6人 制が導入され、6・9人制の2種目となり現在に至っています。そして、県下のローカル大会の中では、県大会に匹敵するレベルの高い大会であり、その証とし て社会人・高校・中学等各部門とも、常に県下のトップクラスで活躍するいくつかのチームが育ちました。この様に輝かしい伝統のある協会であることを誇りと し、この伝統をこれからも大切に継承して行きたいものです。

協会規約

協会規約のダウンロード (PDF文書)

役員名簿

役 職 氏 名 所属委員会 県協会・団体
顧   問 草間 茂  
越路 正嗣   県協会顧問
藤沢 正夫   県協会参与
木内    萬 
小林   勝
三ツ井 晋   
会 長 夏目 幸吉   県協会副会長
長野市スポーツ協会理事
副会長 藤井 平一 小学生連盟担当 長野県小学生連盟会長
和田  巌 総務委員会担当 県協会総務委員
黒澤 之安競技委員会担当
脇坂 清志審判委員会担当 県協会監事
山夲 忠宏 指導普及委員会担当
 
竹村 昭浩強化委員会担当
理事長 竹内  護 北信連盟担当 協会常務理事
長野市スポーツ協会事業推進委員
副理事長 小山 正隆  総務委員長 県協会加盟団体代表委員
鈴木 良夫 競技委員長  
森 重喜 審判委員長  
三村 公二 指導普及委員長
篠 崎 寛 強化委員長
牧   晃正 競技委員会担当 県協会競技委員
赤羽 徳生 審判委員会担当
 
常任理事 田邊 靖彦 総務副委員長 長水協会事務局長
山 ア 健 生 総務副委員長  
土屋 次雄 競技副委員長 小学生連盟北信西支部事務局長
中澤 才幸
競技副委員長  
宮下 匡弘 審判副委員長  
岡本 雅仁 強化副委員長  
矢澤   憲 指導普及副委員長  
小林 一夫総務委員
佐々木 雅宏審判委員
宮尾 俊雄 審判委員  
監 事 市 川 専 一 郎    
平井 準一郎  
理 事 竹下  宏 競技委員  
村田  淳競技委員高体連選出
山条 康弘審判委員高体連選出
竹内 正志 競技委員高体連選出
菊 池 浩 成
競技委員 中体連選出
峯村 幸 太 強化委員  
清 水 保 行 審判委員 中体連選出
峯 村 保 競技委員  
長 谷 川 俊 一 競技委員  
土橋 裕樹 総務委員 中体連選出
庄村 美和子 競技委員  
酒井  恵強化委員一般・クラブ蓮。実蓮選出
池 田 遼 強化委員  
望 月 省 吾 強化委員
黒 柳 孝 子 総務委員 ママさん連盟選出
柳澤 夏巳 指導普及委員 小連選出
早川 千恵子 指導普及委員 ソフト連選出
2021/8/4現在
長水バレーボール協会TOPページへ