GRINNING DOG.
TOP | アイン | Dog's Aroma | Wan Soap | Giter riper | Link | sitemap | アインrecord | BBS |
アインのメニューへ

出会い話

ももももももももモモ太郎のモモ   女の子       お誕生日は不明

ポメラニアンのモモは、叔母さんの形見として私の所にやってきた。
大人しい子、そして、いつも私を守ってた^^
モモが私の側に座っている時は、誰に対しても「がるぅぅ・・」。でも、体重2kgのモモは、ひょいって片付けられちゃう^^
お散歩が恐くて、外を歩けないモモ。ミヒャエル・エンデから名前をとったの?って聞かれてたなぁ。
いえいえ、モモはももももももももモモ太郎のアニメからもらった「モモ」。

ワイン好きで盗み飲み!・・・・千鳥足・・・。そんな事もあったね^^

3月3日に虹の橋を渡ったモモ。具合が悪いのに、仕事に行く私を送らなくては!って、身を引きずって追ってくる。
hiroに「ずーと、抱っこしてて」と頼んで出社。それがお別れになった。
「待ってたよ。もも。」って、言われた・・・。
今は叔母さんの胸に抱かれて良い子良い子してもらってるんだろうなぁ。
叔母さんの自慢のワンコだもん。(あ!、叔母さんは「ヌキ」って呼んでたんだ。タヌキみたいだからって^^)
テト  女の子           1998.01.30生まれ

ペットショップ巡りの日。

もう、何軒廻ったかわからない・・・。10〜15年一緒に暮らす子だ。安易に決めないと思っていたから。
みんなでお約束した事
「この子だ!」に巡り会うまでは妥協しない事。
もう、神奈川は全部廻ったんじゃない??・・・ヘコたれるくらいペットショップを廻った。電話帳で調べ、
途中、電車の広告を見ては下車。
その日の3軒目くらいにミッキーマウスみたいなコーギーと会った。ケースの中で楽しそうにしてる。
「可愛い!」。
まだまだペットショップはある^^;その後も何軒か廻った。(「この子だ!」に、まだ巡り会ってないかもしれないし・・・!)
さんざん廻った、やっぱりミッキー顔の子が忘れられない!
もう、居なくなってたら諦めよう・・・そう言いながら戻った。
ジャ〜ン!居たいた^^
ミッキーみたいなコーギーちゃん^−^ 「TETO」。
この時、パピヨン予定だった事はみ〜んな忘れてた^^;流石、O型ファミリー!

こぼれ話・・・
歩き過ぎの為?haruは腰が痛くなった(激痛)。契約書を書く時も座れない、情けなーい^^;(マジ、痛かったです!)
その上、持ち合わせが足りなくて^^;カードになった。
それなら2回分割でと、お願いしたら、一括かリボじゃないとダメだそうで、リボ払いに。
「名前はリボだね^−^」って、納得したように言ったら・・・家族中の反対攻撃!
・・・・リボ・・可愛いじゃん。
結局、ナウシカの飼っているキツネリスからテトと名前が決まった。
だから、10ヶ月間はカード会社所有?!だったのよね??
みゃあみゃあ 女の子  お誕生日不明
捨て猫のみゃあみゃあ
かくして我子となったテトと楽しい生活^^
ある日の事。
堤防でお散歩中に対岸から子猫の鳴き声が聞こえてくる!?
姿は見えなくて・・・どうしたのかなぁ〜っ?てその日は帰った。
次の日、やっぱり子猫の鳴き声!?大きな声で鳴き続けてる・・。
丁度、対岸をお散歩してるおじいちゃんに大声で「猫、居るんですかぁあ〜〜?!」と聞くと
「居るみたいだけど、判らない〜〜」と、返してくれた。
どうしたんだろうね・・??テトに話しかけながら、その日も帰った。
次の朝も、「みゃあみゃあ!みゃあみゃあ!」と鳴いてる・・・さすがにオカシイゾ?
yu-がお休みだったので、見にいって欲しいと頼んで出社。
帰宅すると、小さな小さな子猫が我が家に!
yu-談
猫ね、反対側の堤防に布袋に入れられて袋の口を縛ってあったんだよ。
出そうとしたら暴れたから袋に入れたまま、運んできた。
袋がボコボコ!って動くからテトはビク!ビク!ってしながら帰ってきたんだよー。
家で猫を出したら、暴れる走る威嚇する&ミャアミャア鳴くで 
おばあちゃんが怒鳴り込んできて、しかたなく外に出したんだ。

hiro談
yu-のバカが、おばあちゃんと喧嘩して、子猫 外に出したから、また2人で探して家に入れたんだよ。
・・・・・・どうやら、一騒動あったらしい・・。

子猫はミャアミャア鳴くので、名前をミャアミャアにした。
人は大嫌いらしい、側に寄るだけで威嚇!(チビのくせに^^)触れる状態ではなかった。
酷い捨てられ方したんだもん。当たり前だよね。

でも、テトにだけは甘えてる^^ママが恋しいんだろうなぁ。テトも付いて来るミャアミャアが可愛いみたいで、
いつの間にか、仲良しさんだ。
そんなテトのおかげでミャアミャアの人間不信は消えて行った。

問題は・・・おばーちゃん!
動物嫌いだから仕方ないけど・・・結局、里親さんを探す事になった。
1週間呼びかけをして、里親さんが現れなかったら^^!
「・・・・って事で、家で飼います」と繋げる予定だった。
とことが!7日目、里親希望の方が現れた!とても優しそうな老夫婦・・。
家でおばーちゃんに追いかけられながら生活するより幸せ・・・。

ミャアミャアが貰われて行った・・。
(実は今も かなり、後悔してます。)


EIN(アイン)  女の子      1998.10.13生まれ
tetoが寂しいだろうと・・ワンコを飼う話合いが続いた。
そして、妹分のアインがやってきた!

einはカーボーイビバップのデータ犬から名前をもらった。
ブリーダーさんから、最後に残った子で身体が小さいと言われた(小さい方が良いかも^^)。
アインは新しいお家を探検して、夕方から眠り始めた。・・・ずーと、眠ってる・・・・。
よーく、寝てる・・・・。動かないで寝てる・・・。テトもクンクンしたけど、寝てる・・・
!?!!!
おかしい!寝すぎてる!身体を触っても反応しない。
翌朝、1番で病院に駆け込んだ。
血液検査の説明・・・なんだか、いつもの先生と違う。
「バルボが陽性なんですよ・・・・」と辛そうな先生。
涙がボロボロ溢れて来た、
生まれたお家から、一人で知らないお家に来て・・・・。
ママや飼い主さんから離されて、知らないお家に来て・・・・。
不安な上に発病・・・。頭の中でいろんな事がグルグル回った。
獣医さんがブリーダーさんに電話して相談した方が良いよと即された。
病院から電話させてくれた・・・。
ブリーダーさんも大慌てになった!犬舎から発病すると壊滅状態なるらしい。
緊迫してる。
取り替えましょうとか、治療費・・・みたいな事も言ってる・・・きっと、そう言うしかなかったのだ・・。
「昨日からアインはうちの子。治療費は私が払います。この子はうちの子です!」と、電話を切った。
今 振り返れば混乱オバサンしてた^^;
アインはそのまま入院。;;

アインに会いに行くと、小さな小さな腕に包帯を巻いている。
インターフェロンの治療で点滴をしてる。白い包帯に血がにじんでる。
私、ビエ〜〜って泣くと思うでしょ。ところが・・。
アインは嬉しそうに面会して、抱っこしてもらって・・・^^
私はアインに元気付けられてしまった^^;
でも「70%は難しいでしょう」と言われた。
そんな中、1番に考えてた事はアインをママとブリーダーさんに会わせる事。
療養期間は育ったおうちの方がアインは安心だろうと思ったからだ。
退院の日、その足でブリーダーさんの元に戻した。
そして1週間・・・・アインは完全に回復した^^

ブリーダーさんは千葉なので途中のインターで待ち合わせ。
箱に入ったアインと再会!小さい身体でピョンピョン跳ねて顔面kiss!
「おうちは、こっちだって、解ってるんだねぇー」とブリーダーさん。
そう^^アインのお家は私!おかえりアイン^−^

     
TOPへ  アインページTOPへ