校則(運営規約)
どんなに小さな会でも、決まりは必要です。

 「デメーテル学校を続けよう!みんなの会」では、ささやかながら規約をもうけました。それほど堅苦しくは考えていませんが、みんなが楽しく会に参加できるよう規約だけではなくモラルをもって楽しい会にしたいと考えています。

.......................................................................................

デメーテル学校を続けよう!みんなの会 規約
(名称及び所在地)
第1条 本会は、「デメーテル学校を続けよう!みんなの会」(略称「デメーテル学校」)と称し、事務局をインターゾーン(帯広市緑ヶ丘2番地)に置く。
(目的)
第2条 本会は、文化芸術を通じて心の豊かさを市民一人ひとりのものとするため、次に掲げるテーマに沿い活動を行うことを目的とする。
     「アートと出会い、情報を伝えあい、美を語り、自分を磨く」
(会員)
第3条 (1)本会は、次の要件に基づく会員で構成する。
@ 本会の主宰、目的に賛同した個人または団体であること。
A 1口3,000円以上の年会費を納めた者であること。
(2)本会は、次の会員で構成される。
@ 5口以上の運営会員
A 1口以上の会員
(活動)
第4条 本会は第2条の目的達成のために、次の活動を行う。
@ アート・イベントの企画・開催
A 情報の収集と提供
B 文化芸術を通じた交流の場の提供
C 人材の育成
D その他において必要な活動
(運営会)
第5条 本会に運営会を置き、第4条の活動について処理する。運営会は運営会員で構成される。
(役員)
第6条 本会の役員は下記の通りとする。
@ 運営会長(1名)
A 幹事(若干名)
B 監査(1名)
C 芸術監督(3名)
(事務局)
第7条 本会に事務局を置き、本会の主宰、事務、会計、広報、業務調整等について処理する。
    事務局には運営会員のほか、必要に応じ会員を充てることができる。
(会議)
第8条 本会の会議は運営会議とする。
運営会員は、運営会議に出席することができる。
  運営会議は、運営会長が招集し、次の事項を審議する。
    @ 事業計画及び収支予算
    A 事業報告及び収支決算
    B その他において必要と認めた事項
(監修)
第9条 本会が行うアート・イベントは、運営会が選任する芸術監督のいずれかの承認と監修を得て遂行されるものとする。
(経費)
第10条  本会の経費は、会費、寄付金、助成金、その他の収入をもって充てる。
(会計年度)
第11条 本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり12月末日に終わる。
(任期)
第12条 役員の任期は2年とする。
(補則)
第13条 この規約に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、運営会議に諮って決定する。
付則1 この規約は平成15年4月1日から施行する。
付則2 本会の平成15年の会計年度は平成14年11月1日に始まり翌年12月末日に終わるものとする。

.......................................................................................