概要


こだわりのポイント(私がネジコンを使う上で不満に思っていた点の改善を目指して)


はじめに(現在わかっている重要なポイント)

 neGT-USBはPS2版グランツーリスモをネジコンでプレイするために開発されたものです。よって、GT FORCEに対応した他のゲームでの使用、Windowsでの標準ジョイスティックとしての使用、Logicoolのドライバを使ったWindowsでの使用を保証していません。ただし、どの場合も正常に動くような気がします(^^;)。首都高バトル01、湾岸ミッドナイトは私が確認した限りでは問題なく動くようです。

 また、ネジコン互換デイバイスでも動作をすると思われますが、私のところにネジコン互換デバイスがないためにチェックをしていません。動作確認がとれた場合には報告をお待ちしています。Zero Tech、SLPH-007ナスカ(パチンココントローラ)(笑)、他、が動作すると思われますが、キー割り当てがどうなるかわかりませんのでセンター値の設定などができない可能性もあります。その場合にはネジコンで調整をしながら使用することになるでしょう。(Zero Tech、ナムコのボリュームコントローラは動いたそうです。もっともボリュームコントローラではボタンの関係で車を操作できませんが(^^;))

 それからグランツーリスモのようにゲーム側でハンドル、アクセル、ブレーキのキャリブレーションができるものは問題ないのですが、ゲーム側でキャリブレーションができないゲームも存在します。その場合、ネジコンをつないでも最大値、最小値の検出がうまくできないために、センターに戻してもまっすぐ走らないなどの症状がでます。それを回避するためにはソフトが立ち上がってから数十秒後に何回かネジコンをねじりきったり、I、IIボタンを押しきったりして、ゲームに最大値、最小値を認識させてください。首都高バトル01、湾岸ミッドナイトなどがそれにあたります。(GT4プロローグも同様の症状が確認されております。)

 首都高バトル01では振動機能をONにしたままneGT-USBを使用するとアクセルを踏んでいるのにブレーキがかかる現象が確認されています(04/3/21に確認)。これを回避するにはゲームの設定で振動機能をOFFにして下さい。振動機能をOFFにできるゲームでは振動機能をOFFにすることをおすすめします。


ユーザーによって動作が確認されているソフト(動作を保証しているわけでないので注意して下さい)

 neGT-USBはあくまでもPS2用グランツーリスモシリーズをプレイするために開発されたコンバーターであるためそれ以外の使用法は動作保証外ですが、ユーザーの報告により使えないソフト、使えるソフトの報告が上がってきています。以下を参考にして下さい。

 なお、GT FORCE対応ソフトはlogicoolのサイトで確認できます。(ページが無くなったようです。)

動かなかったソフト
BATTLE GEAR 2(ただし、neGT-USBを使わなくてもネジコンだけで動作します。)
V-RALLY 3

・動いたソフト

グランツーリスモ5プロローグ無料体験版(07/11/9追加)
RACING BATTLE  C1 Grand Prix(05/05/28追加)
エンスージア(05/04/03追加)
グランツーリスモ4(05/2/12追加)
18WHEELER(04/10/25追加)
auto modellista
BATTLE GEAR 3(03/12/24追加)
BURNOUT2(北米版)(03/12/29追加)
BURNOUT3 Take Down(04/10/18追加)
F1 2001(04/1/29追加)
F1 2002(04/1/29追加)
F1キャリアチャレンジ(04/1/29追加)
FORMULA ONE 2001
FORMULA ONE 2002(04/1/29追加)
FORMULA ONE 2004(04/09/21追加)
Ferrari F355 challenge
GTC AFRICA(04/1/29追加)
R: RACING EVOLUTION(03/12/24追加)
SEGA AGES 2500シリーズVol.8 V.R.バーチャレーシング-Flat Out-(04/2/26追加)
SIMPLE2000 THEオフロードバギー(04/6/20追加)
SUPER TRUCKS(スーパートラックス)(04/1/24追加)
WRC II EXTREME
WRC3(04/6/17追加)
WRC
まげる つける はし〜る俺☆デッドヒート(03/12/23追加)
グランツーリスモ・コンセプト 2001 TOKYO
グランツーリスモ3 A-spec
グランツーリスモ4「プロローグ」版
ゼロヨンチャンプシリーズドリフトチャンプ(04/1/29追加)
ニード・フォー・スピード・アンダーグラウンド(03/12/29追加)
ラリーショックス
ラリーチャンピオンシップ
ル・マン24アワーズ
ロータスチャレンジ(04/1/29追加)
街道バトル2(04/2/26追加)
街道バトル〜日光・榛名・六甲・箱根〜
首都高バトル01
首都高バトル0
頭文字 D Special Stage
峠3(04/1/29追加)
湾岸ミッドナイト

・検証してないソフト
auto modellista U.S.-tuned
チョロQ HG4
ボンバーマンカート


初めて使用する場合(センター値の調整)

 ネジコンによってセンター値のばらつきがあるため、使用しているネジコンでセンター値を調整しなければまっすぐ走らないということが起こる可能性があります。センターの遊びの範囲内に入っていれば特に気にならないかもしれませんが調整しておいた方がいいでしょう。調整は最初の一回だけやれば、あとはneGT-USB本体にバックアップされますので、次に使用する場合には調整する必要はありません。もちろん使うたびに再調整をしてもかまいません。

 事前準備としてWingMan Formula Force GP(GW-74F)/ウィングマン フォーミュラ フォース GPのドライバ(左の欄にある対応OSの選択にご注意下さい。)をダウンロードしておいてください。標準ジョイスティックとして認識されない場合に必要になります。標準ジョイスティックとして認識されている場合でも、このドライバをインストールすることでWingMan Formula Force GPとして使用できるようになりますが、PC用ジョイスティックとして開発しているわけではないため設定できない機能もあります。私が試したところ、アクセルとブレーキを別軸設定にすることもできるようです。(問題なく動くと思いますがPCでの使用を保証するものではありません。)標準ジョイスティックとして認識されているときには同軸設定となります。なれてくればPS2で使用中に設定してもかまいませんが、最初は調整の変化が視覚的にわかるPCのジョイスティックのプロパティを見ながら調整した方がいいでしょう。

 以下の手順で設定を行います。

  1. ネジコンをneGT-USBに接続します。
  2. neGT-USBをコンピュータに接続します。
  3. 標準ジョイスティックとして認識されます。ドライバを求められた場合には先程ダウンロードしたWingMan Formula Force GPのドライバをインストールしてください。
  4. PC上でゲームのプロパティを開きます。ネジコンを操作するとプロパティの中の状態も変化するはずです(*1)。
  5. I、II、Rボタンを押しながらAボタンを押して設定モード1に入ります。LEDが設定モード1の状態になっているはずです。
  6. ネジコンをセンターの状態にしてAボタンを押します。
  7. ネジコンを実際にねじってみてセンターになっているか確認します。納得できる動きになるまでAボタンを押してねじって確認を繰り返します。(例えばねじったままAボタンを押してみてください。ネジコンをセンターに戻すとねじった状態がセンターと認識されているために、ゲームのプロパティ上ではセンターを示していないはずです。)
  8. 納得できる状態になったら、I、II、Rボタンを押しながらBボタンを押して設定モードを終了します。すべてのボタンを放すとLEDが全部消えているはずです。
(*1)初めて使用するEEPROMの場合には値がめちゃくちゃになっているためにアナログ入力系統は全く反応しません(A、Bボタンなどは動作が確認できます)が、その場合には設定モード1のリセットをすることでネジコンが反応するようになります。

 以上でセンター値の調整は終了です。


PS2用グランツーリスモで走ってみよう!

 それでは実際にPS2にneGT-USBを接続して走ってみましょう。USB機器ですから好きなときにPS2につなげて、好きなときにPS2からはずすことができます。

 neGT-USBは車の操作と割り切って標準コントローラも同時に接続しておいたほうが直感的にわかりやすいはずです。

 (ドキドキ)(スタート)(走行中)(感動)

 どうですか? 感動しました? もちろん私も初めてネジコンが使えたときには小躍りしました。「すごいよ、neGT-USB! ありがとうneGT-USB!」と思わず叫びたくなります(笑)。

 一通り走って熱い思いも冷めたところでネジコンがちゃんと動作しているかどうかを確認してみましょう。

 まずはIボタンを押してみてください。デフォルトではアクセルに割り当てられているはずですので、以下Iがアクセル、IIがブレーキとして話を進めます。

 Iボタンを少し押すと車が動き始めます。同時にLEDが点灯しているはずです。ではIボタンをめいっぱい押してみてください。すると、neGT-USBのLEDが点滅しているはずです。このLEDはIボタンがMAX値を検出しているときに点滅するLEDで、もしこれが点滅していなければMAX値が出ていない状態ということになります。もう少し言えば、アクセルを完全に踏み切っていないということになります。では徐々にIボタンの力を抜いてみてください。するとLEDが点灯しっぱなしになるポイントがあるはずです。点灯状態になったところで今度は押してみるとまた点滅するはずです。フル加速時にはこのポイントまでIボタンを押せばいいということがわかります。IIボタンのブレーキも同じようにやってみてください。もししっくり来ないようでしたら調整が必要です。


微調整

 neGT-USBのデフォルト値は私の好み半分、適当な値半分で構成されているために、多少気に入らない部分も有ると思います。また、ネジコンによっては使い込んで本来の性能が発揮されていない可能性もあります。そこで、アクセルとブレーキの微調整をしてみましょう。neGT-USB本体には状態を表すLEDが三つしかないので、どのように調整されたかを確認するためにWindowsのゲームのプロパティで確認しながら調整することをおすすめします。

 さて、I、IIボタンの調整のついでにまだ解説していない項目についても順番に説明していきます。それではセンター値を調整したときと同じように調整モードに入ってください。ここで一つ注意が必要です。Aボタンはセンター値を調整する時に押しましたよね。調整モードに入るときにAボタンを一番最後に放してしまうとセンター値が再調整されてしまう可能性があります。調整モードに入るときはまず、「R」+「I」+「II」ボタンを先に押して「A」を押して、調整モードに入ったのを確認したらすぐに「A」を離すようにしてください。そして「R」+「I」+「II」を離すようにすれば問題ありません。もっとも、調整モードに入ったときには調整モードを終了する前にセンター値がずれていないかどうかネジコンをねじって確認することをおすすめします。

 調整モードに入ったらまずはセンター値、ねじりの遊び、最大ねじり角の調整ができる調整モード1の状態になっているはずです。LEDは真ん中だけが消えている状態です。センター値の調整はすでに終了しているので今回は最大ねじり角を調整してみましょう。最大ねじり角については説明しなければならないことがあるのですが、まずは実際に動かし見るのが先決です。

  1. ネジコンを適当な角度にねじります。
  2. その状態のまま上ボタンを何回か押します。
  3. ねじりの角度が変わっていないのにゲームのプロパティのハンドルが動くのが確認できます。

 これはネジコンの最大ねじり角がリアルタイムで変わっているために、実際のねじりの角度を変えてなくても、コンピュータには値が変わって送られていることを表しています。上ボタンは最大ねじり角レベルを増やす方向に変更します。見た目には最大ねじり角を減らす方向に動きます。デフォルト値の5は120度が最大切れ角、10で90度、0で180度です。ただし、neGT-USBでは表示できませんので、例えば下ボタンをこれ以上変化がないレベルまで何回か押して0にした後で、5にしたいなら5回上ボタンを押すというような設定方法になります。もちろんねじりは感覚ですので設定値にこだわらずにWindowsのゲームのプロパティを見ながら調整するのもおすすめです。

*コラム

 ねじり角についてもう少し解説します。最大ねじり角は以下の式であらわされます。

 (最大角度)=180度×(10/(10+(最大ねじり角レベル))

 デフォルト値は5ですので、上記式に当てはめて計算するとデフォルト最大ねじり角は120度となります。もっともこれは理論値ですから気持ち的にはその程度でMAXになると思ってください。現在最大ねじり角レベルの範囲は0〜20に限定されていますので、最大ねじり角の設定範囲は180度〜60度になります。

 ただ厳密には遊びの設定値とセンターの値がこれらに微妙に関わってきます。センター値と遊びを常識の範囲外に設定しなければそれほど気にする必要はありませんが、センター値がずれればずれるほど、遊びの範囲を増やせば増やすほど、180度の切れ角がでなくなります。一例をあげると、センター値が127(ネジコンの範囲は0-255)、遊びが10に設定されている場合、ねじる範囲は127-10=117(127はセンターからどちらかに180度ひねったときの範囲幅)となります。すなわち、117/127=0.92、つまり8パーセントほどのロスが発生することになります。もっとわかりやすく言うと、180度ネジコンをひねっても実際には165度しかひねっていないことになるわけです。しかし、この場合は180度を最大ねじり角に設定しているから問題が発生するわけで、例えば165度を最大ねじり角に設定すれば問題は発生しません。しかし、その場合はロスを含めて180度が最大ねじり角になります。だから遊びを10に設定した場合には最大ねじり角を151度に設定すれば165度が最大ねじり角になる計算になりますね。

 ・・・きっと誰もついてきてないと思いますが説明だけはしました。要は極端な遊びがある場合には最大ねじり角レベルを0にしない方がいいですよ、ということです。もっともネジコンを思いっきりねじったときに最大値がちゃんと出ている保証はどこにもありませんので、ちゃんとしたレースゲームではグランツーリスモのようにゲーム側でキャリブレーションをとるのがふつうです。キャリブレーションができない場合には余裕を見た値で最大切れ角になるようにしてあるのがふつうです。その場合にはこのコラムで説明したことは気にする必要はありません。

「ゲームソフトでキャリブレーションをする」=「neGT-USBは好きなように設定してOK」

ということです。

 最大ねじり角の設定に戻りましょう。

  1. ねじってみて最大切れ角を確認します。
  2. ねじり角を減らしたければ上ボタン、増やしたければ下ボタンを押します。
  3. 気に入った状態になるまで繰り返し、気に入った状態になったらそのまま次の設定に移ります。

 次に遊びを設定してみましょう。

 ゲーム側で遊びが設定してあるものはコントローラの遊びがなくても問題ないのですが、一部のゲームではネジコンをセンターに戻してもなんか微妙にふらふらするものがあります。ネジコンのへたり具合によっても変わってくるのですが、その場合にはセンター付近の遊びを増やす必要があります。

 標準値は3となっていますが、状態のいいネジコンにとってはちょい多めかなという感じだと思いますので、センター付近の反応が気になるようでしたら再調整してみてください。

  1. 少しだけねじってみて動作を確認します。
  2. 左を押していくと遊びが増えます。左を押すに従ってプロパティの状態がセンターよりに動いていくのがわかるでしょう。
  3. 右を押すと遊びが減ります。センター付近でねじりに敏感に反応するようになるはずです。
  4. 適当にねじりながら気に入った感触になるまで左右を押して調整します。

 遊びの設定値は0〜20となっています。設定は操作感をよくするのが目的ですが、値が気になる方は最小値、最大値にいったんしてから、何回左、または右を押したかで判断してください。

(キーコンフィグの方法はFirmwareアップデートの後半にある「新機能の設定」を参照してください。)

(つづく。マニュアル書きは大変だ・・・(^^;)。)


Firmwareアップデート

Firmwareアップデートを参照して下さい。


設定テーブル

LED表示の意味
 設定モード1
 設定モード2
設定モード3
  アクセルMAX
  ブレーキMAX

設定モードのON/OFF
I、II、Rを押しながらAを押す設定モードON
I、II、Rを押しながらBを押す設定モードOFF(*1)
設定モード中にSTARTを押す設定モードの切り替え

(*1)この時にEEPROMに設定値が書き込まれる。

設定モード1
Aのみ押すねじり部センターの設定
十字キー左ねじりの遊びを増やす
十字キー右ねじりの遊びを減らす
十字キー上最大ねじり角を増やす
十字キー下最大ねじり角を減らす
I、II、Lを押しながらAを押す設定値のリセット(*2)

(*2)ねじりセンター127、ねじり遊び3、最大ねじり角レベル5、
Iボタン遊び10、IボタンMAX255、IIボタン遊び10、IIボタンMAX255。

設定モード2
十字キー左Iボタンの遊びを10増やす
十字キー右Iボタンの遊びを10減らす
十字キー上IボタンのMAX値を10増やす
十字キー下IボタンのMAX値を10減らす

設定モード3
十字キー左IIボタンの遊びを10増やす
十字キー右IIボタンの遊びを10減らす
十字キー上IIボタンのMAX値を10増やす
十字キー下IIボタンのMAX値を10減らす

EEPROMの消去
設定モードONのときに、I、II、R、L、左を押しながらSTARTを押す(*)EEPROM消去
設定モードONのときに、I、A、R、L、左を押しながらSTARTを押す(*2)EEPROM消去

(*)V1.07までのFirmwareの場合。成功するとLED3(neGT-USB本体中央よりのLED)が消えます。
(*2)V1.08以降のFirmwareの場合。成功すると全LEDが約300ms毎に点滅を繰り返します。

LRABStart
1リア視点Aシフトダウンシフトアップサイドブレーキバックサイドブレーキ
2リア視点Aシフトアップシフトダウンサイドブレーキバックサイドブレーキ
3シフトアップシフトダウンリア視点Aサイドブレーキバックサイドブレーキ
4シフトダウンシフトアップリア視点Aサイドブレーキバックサイドブレーキ
5サイドブレーキリア視点シフトダウンシフトアップAバックサイドブレーキ
6サイドブレーキリア視点シフトアップシフトダウンAバックサイドブレーキ
7シフトアップシフトダウンサイドブレーキリア視点Aバックサイドブレーキ
8シフトダウンシフトアップサイドブレーキリア視点Aバックサイドブレーキ
9リア視点サイドブレーキシフトダウンシフトアップAバックサイドブレーキ
10リア視点サイドブレーキシフトアップシフトダウンAバックサイドブレーキ
11シフトアップシフトダウンリア視点サイドブレーキAバックサイドブレーキ
12シフトダウンシフトアップリア視点サイドブレーキAバックサイドブレーキ

(*)この表はGT4Pを基準にしています。AはAボタン、バックがBボタン、サイドブレーキがXボタン、リア視点がYボタン、シフトダウンがLボタン、シフトアップがRボタンとなります(GT FORCE側)。ボタン配置が違うゲームでは適宜読み替えてください。


回路図(takeccinoさんから頂きました。ありがとうございます。更に部品点数を少なくしたい方はデジタルトランジスタを使う方法もあります。)

(注意!)DATとCLKのプルアップ抵抗10kΩは2.2kΩに変更しました。(2005年3月22日)
自作マニュアル(JINさんから頂きました。ありがとうございます。Microsoft Word形式です。Wordを持っていない方は、ここからWord Viewer 2003をダウンロードできます。)


使用ソフトウェア


試作品の使用部品(価格は参考です。)


参考資料