HOME   更新情報       


カウンター
 World Wide Web 
e- 行 政 書 士
仮想空間を翔るインターネット行政書士
                       
          今 日 の 意 見  【今までの意見を読む    
  
          
  令和元年9月17日   (火)  
            
              六法全書

 ある日、六法全書が古いままになって、新刊が届いていないことに疑問を持った。
二年前に事務所を移転したので、そのために届かなくなったのかと思い、出版社に電話した。

 出版社は、ちょっと待ってくださいといって調べた結果、いつも購入していた六法全書が、廃刊になっていることを知らされた。

 こうした文化的な書籍が発刊されなくなるのでは、これからの文化の行く末に不安を持つ。
というのも、このように考えたからだ。

 時間とは何か?
簡単に言えば、命です。

 では、時間が連綿と続き、経過した時代とは何か?
命の活動のつながりなので、ひと言で言えば、文化です。

 文化は文字に寄るところが大きい。
文字として残されない書物は、文化をしてこれからの時代に引き継いでいけるのだろうか?
一瞬は電子データとして残されるが、一つ一つの一瞬は、文化としてどのように継続していくのであろうか?

                                     ☆行政書士 妹尾芳徳
    
   

【免責事項】
・本ウェブサイトの公開している各種ドキュメントは、確実性を保証するものではありません。  自己責任においてご利用ください。

・本ウェブサイトのご利用において、万一損害が生じた場合、e-行政書士 編集室は一切の責任を負いかねます。
本ウェブサイトの内容に関する著作権は、e-行政書士 編集室に帰属します。
  データの無断掲載、無断転載は禁止いたします。

リンクは基本的に自由です。どのページをリンクしても構いません。
責任編集:e-行政書士 編集室   
行政書士 寺見敬三事務所
行政書士 山本智佳事務所
行政書士 真田正明事務所
行政書士 妹尾芳徳事務所
Copyright(c)2001 Seno Yoshinori All Rights Reserved