以下はテイルズから学校のHP掲示板への書き込みです。
公開でみなさんで考えていただきたい、と思い状況に変化があった時、書き込みました。
(学校から掲示板でのレスはありません。)
ウサギ雌雄分けました。 投稿者:テイルズ投稿日:2002/03/(Sun) 20:19 No.68  
先日はウサギの引継ぎ会ではお世話になりました。
その後、また赤ちゃんが生まれていると子供たちから聞きました。

「このままでは、また死んでしまうのでつらい」と皆がいうので、勝手ながら子供たちといっしょに、雌雄を判別し、鶏も分けることにしました。
あり合わせの道具で作成したため、見栄えは良くないかもしれませんが、とりあえず殺しあうことはないかと思います。

チビウサギは雌雄の判別が困難なため、近々またやるつもりです。

たくさんの子供が手伝ってくれました。
子供たちはいい子に育っていますね。

参考までに
学校飼育動物を考えるホームページがあります。

http://www03.u-page.so-net.ne.jp/wc4/mihi-n/jsca.index.html
よろしかったらご覧ください。
(※現在リンクきれ)
メールいただきました。 投稿者:テイルズ 投稿日:2002/03/(Fri) 20:16 No.78  
今後のウサギの世話に関するメールありがとうございました。
忙しい中、私共の意見に耳を傾けていただき感謝しております。

1 増えたウサギは希望者に。
2 健康面は児童の保護者の獣医さんに相談。
3 飼育の問題については新4年生に引継ぎ、学校としても責任をもっ
  て取り組む。
4 飼育小屋は快適にすごせるよう改修工事を計画。

上記のことをK小として取り組んでいただけるとのことですが、正しい知識と愛情をもってこれらを実行していただければ、いろいろな問題は解決するかと思います。

K小学校が適正な飼いかたをしていただければ、私共としては今後の学校飼育動物問題の成功例として、各方面に紹介していきたいと考えております。

部外者の意見を聞いていただき、本当にありがとうございます。
でもどうか忘れないでください。
この件は、子供たちの「ウサギの死体をかたづけるのがつらい」の問題提起から始まりました・・・。
立派な柵ができましたね 投稿者:テイルズ 投稿日:2002/04/(Fri) 22:42 No.86  
先日、遊びにきた小学生が「うさぎ小屋の仕切り柵ができたよ」と報告にきてくれたので早速拝見しました。

しっかりした柵を作っていただき安心しました。
ありがとうございます。
ニワトリは成雄の方に移してもらえれば、チビウサギが襲われずにすむので場所換えよろしくお願いします。
雄が雌のところに一匹でもはいると、皆妊娠してしまうので、くれぐれも注意願います。

なにかありましたらメールをお願いします。

※この日以降、学校より相談がくることはなく、子供の学校話から現状を聞く程度でした。学校側の方針もメールでいただいたので、これ以上はこちらからも介入を控え、子供たちにはまず先生に相談するようにと、話していました。

そして一年。
以下は2003年になってからの書き込みです。
指導教員の皆様へ 投稿者:テイルズ 投稿日:2003/05/(Wed) 13:06 No.98  
先日選挙の投票で久しぶりにK小に伺いました。
ついでにうさぎ小屋をのぞくと一匹の子兎がいました。

学校側で立派な柵をつくっていただき、雄雌がいっしょにならないよう対処下さったので計画的に産ませていると判断しましたが、後日子供たちから
「子兎全滅しちゃった」という言葉。
昨年世話をした学年の子も「去年も全滅だったよ」と。

殺すために産ませないでください。
わからないなら誰かに相談してください、調べてください。
全国にはこのような問題を解決した小学校も沢山あるのですから。
子供たちの責任とは思えませんので指導する教員の皆様でお考え下さい。

以前の学校側からの返答メールを貼っておきます。

先日は、うさぎ小屋の整備ありがとうございました。また、子供たちにうさぎの扱い方を教えていただき、近くで、学校のことを気にかけてくださる方々がいらっしゃるとわかり、心強く思いました。
さて、ご心配くださっているうさぎの増加につきまして、私たち学校でも(やはり、自分たちで飼育しているのですから自分たちでできるだけ解決をと思い)考えまして、次のようにしたいと思います。

1増えたうさぎ
・・・・希望者に飼ってもらうよう勧めています。
       
2獣医
・・・けがなど心配なことは相談できる獣医を。保護者で、獣医さんがいらっしゃるので、相談にのってもらっている。専属でおねがいできるといいと話を進めています。先日のけがの時も、相談にのってもらっていました。

3これからの心配事について
・・・3年生に引き継いでいます。
できるだけ、学校としても、責任を持って飼育したいと思っています。学習の中でも、うさぎとふれあう場面もあります。問題の解決方法について「自分たちで解決できる力」をつけていきたいという願いもあります。

4小屋について
・・学校の予算の関係もあって遅くなりましたが、うさぎにとって快
適に過ごせるよう改修工事を計画しています。
 
今後も、是非温かく見守ってくださるようお願いします。
                                   4年担任一同より  

返事をお待ちしております。


先生方へ テイルズ- 2003/05/(Sat) 02:33 No.99  

9日、先のメールとは別の2人の児童から「兎の赤ちゃんが死にそう」との連絡を受け、先生方の了解のもと生き残った一羽を当方で預かりました。

ネット等で兎の人工飼育を調べ環境を整えましたが、残念ながら10日0時15分赤ちゃん兎は亡くなりました。
力不足で申しわけありませんでした。

子供達は「助かるかもしれない」と期待していただけに本当に残念でなりません。

先生方は掲示板のことをご存知ないようでしたが、昨年のこともあわせてご覧いただき、今後のことをご検討いただきたく願います。

どうぞよろしくお願い致します。
戻る