| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

Title >1530 Royal Eng-G
>1304 Hornby
>1209 Egawa Eng-G
>1008 Eng Idiom
> 0712 UK E-Idiom
>0513 Yamatei

Aids to English-Japanese Translation

Cat: LAN
Pub: 1925
#: 0513b

Tei Yamazaki

05y03u/18302r
Title

Aids to English-Japanese Translation

新々英文解釈

Author
Tei yamazaki, & updated by Eitaro Sayama

山崎貞著、佐山栄太郎改訂

Published

1925 and updated in 1960

1925年 (1960年改訂)
Index
  1. 1-9: An oyster of a man.:
  2. 10-09 He did it himself.:
  3. 20-29 What he says is but too true.:
  4. 30-39 As is the teacher, so is the pupil.:
  5. 40-49 I work hard lest I should fail.:
  6. 50-59 If you do it at all, do it well. :
  7. 60-69 I felt the house shake.:
  8. 70-79 I will have some one come.:
  9. 80-89 Brave as he was, a tremour passed through him.:
  10. 90-99 Should I fail this time, I would try again.:
  11. 100-112 No one is so old but he may learn.:
  1. 1-9  寡黙な:
  2. 10-19 自ら:
  3. 20-29 如何せん:
  4. 30-39 教師も教師なら:
  5. 40-49 失敗するといけないから:
  6. 50-59 いやしくも:
  7. 60-69 揺れるのを覚えた:
  8. 70-79 誰かに来てもらおう:
  9. 80-89 さすが勇敢な彼も:
  10. 90-99 万一失敗したら:
  11. 100-112 どんな老人でも:
Why?
  • This classical great reference book titled "Aids to English-Japanese Translation" written by Tei Yamazaki in 1925 was regarded the Bible for then high school students to learn English. For students who eager to master English used to try to memorize all typical sentences appeared in this book.
  • I remember that this book was interesting rather than useful, because it included lots of unique and suggestive English expressions. Most of the expressions became my habit of saying in writing or speaking English.
  • I'd refresh my memory here again quoting such typical English expressions with then a bit old-fashioned Japanese translation.
  • 1925に出版された山崎貞の「新々英文解釈」の古典的名著であり、当時の高校生が英語を学ぶ際のバイブル的存在であった。英語を熱心にマスターしようとする学生はこの本に登場する典型的な文章をすべて暗記しようとしたものだった。
  • この本は役立つというよりおもしろい本だったと記憶している。それはユニークで示唆に富む英語表現が数多く含まれていたからである。多くの表現は英語を書いたり話したりする際に私の口癖となった。
  • ここに再度その典型的な英語表現とやや古めかしい日本語訳を引用することで記憶を新たにしてみたい。
Summary
要約

>Top 0. Prologue:

  • The prologue of the book says, "This book contains several hundreds of English sentences and phrases, collecting similar shape and meaning in each chapter for easier comparison and memorizing them ; thus the arrangement places greater emphasis on similarity of shape and meaning than grammatical order."

0.序:

  • 本文のはしがき曰く「収録した構文成句の数は数百にのぼるけれど、比較研究に便し、記憶を助けるため、形の似たもの、意味のにたものなどは一括して同所に集めて、百十余章に分かち、配列も文法的の順序によらず、やはり形や意味の類似をたどって脈絡を通ずるようにした。」

1 - 9:

  • 1-1: A man of learning is not always a man of wisdom.
  • 1-2: Such meanness does not become a man of his means.
    • A man of his word
    • A man of the world
  • 2-1: He is an oyster of a man.
  • 2-2: That fool of a John has forgotten to clean my boots.
    • saint of a man
    • That fool of a John
  • 3-1: The bamboo is a kind of grass.
  • 3-2: What is learned in the cradle is carried to the grave.
    • The wise man does not court danger.
    • There is much beast and some devil in man.
  • 4-1: The rich are not always happy.
  • 4-2: The good and the beautiful do no always go together.
    • There is but a step from the sublime to the ridiculous.
    • None but the brave deserve the fair.
  • 5-1: He is honesty itself.
  • 5-2: He is the incarnation of avarice.
  • 5-3: I am all attention.
    • She was all miles.
    • From the crown of his head to the sole of his foot, he is all mirth.
  • 6: Carbonic acid is not a poison in itself.
    • A thing good in itself may become harmful by its use.
  • 7-1: I live all by myself.
  • 7-2: I cannot finish it by myself.
  • 8-1: I like to do everything for myself.
  • 8-2: He loves labour for itself.
    • The fact speaks for itself.
    • She loves him for himself.
    • Each man for himself and God for us all.
  • 9-1: I did not call him; he woke up of himself.
  • 9-2: The boy ran away from school, but returned of his own accord.
    • Weeds grow of themselves.

1 - 9:

  • 1-1: 学者必ずしも智者ならず。
  • 1-2: そんなけちな事をするとはあの金持にも似合わない。
    • 約束を守る人
    • 世故にたけた人
  • 2-1: 彼は牡蠣みたいに寡黙な人だ。
  • 2-2: あの愚かなジョンめが私の靴を磨くのを忘れた。
    • 仏様みあいな人
    • あの愚かなジョン
  • 3-1: 竹は草の一種である。
  • 3-2: 赤子のときに覚えた事は死ぬまで忘れないものだ。
    • 君子は危きに近寄らず。
    • 人間には獣的な所が非常にあり、また悪魔的な所も幾分ある。
  • 4-1: 富める者必ずしも幸福ならず。
  • 4-2: とは必ずしも相伴わず。
    • 荘厳と滑稽とは相距たる一歩のみ。
    • 勇者ひとり美人を得るに足る。
  • 5-1: 正直とはああいう人間をいうのだ。
  • 5-2: あいつは欲の固まりだ。
  • 5-3: 私は一心不乱に注意しています。
    • 彼女は満面笑みをたたえていた。
    • 頭のてっぺんから足のつま先まで総身歓楽の塊。
    • 6: 炭酸ガスそのもの本来が毒ではない。
    • 本来善いものでも用い方によっては悪くもなる。
  • 7-1: 僕は全くの一人住まいだ。
  • 7-2: 僕一人では仕上がらない。
  • 8-1: 僕は何でも自分ですることが好きだ。
  • 8-2: 彼は労働そのものを愛する
    • 事実がものをいっている。
    • 彼女はその男自体を愛している。
    • 人事を尽くして天命を待つ;親不知、子不知
  • 9-1: 私が起こしたのではない、ひとりでに目を覚ましたのだ。
  • 9-2: 子供が学校から逃げたが、またひとりで帰ってきた。
    • 雑草は蒔かないのにひとりでに生える。

>Top 10 -19:

  • 10-1: He often talks to himself when he is alone.
  • 10-2: I have this big room all to myself.
    • To talk to oneself
    • To have to oneself
    • To keep the secret to oneself.
  • 11: He did it himself.
  • 12: He is the very man for you.
    • This is the very purse that I lost.
    • The very stone cried out.
  • 13: The wisest man cannot know everything.
    • (Even) the best workman will blunder sometimes.
  • 14: He is the last person to do such a thing.
    • You are the last man whom I expected to have met here.
  • 15: Nothing can be simpler.
    • Nothing is less common than commonsense.
  • 16: The sooner the better.
    • The more sleep we get, if it be sound, dreamless slumber, the better we can work on waking.
  • 17-1: I do not love him the less for his faults.
  • 17-2: I love him all the better for his faults.
  • 18-1: He can no more swim than a hammer can.
  • 18-2: He can not swim any more than I can fly.
    • He is no more diligent than you are.
    • He is not more diligent than you are.
  • 19-1: This anecdote show how little he knows the world.
  • 19-2: There are only a few such men.

10 -19:

  • 10-1: 彼は一人でいるときに、よく独り言をいう。
    • 10-2: 僕はこの大きい室を全く独占している。
    • 独話
    • 独占する
    • 秘密を秘して言わない
  • 11: 彼自ら手を下してした。
  • 12: 彼は君にはおあつらえ向きの人物だ。
    • これが即ち私のなくした財布だ。
    • 無心の石さえ声を立てて叫んだ。
  • 13: どんな賢い人でも何でも知るということは出来ない。
    • 弘法も筆の誤り
  • 14: あの人は決してそんなことをしそうな人ではない。
    • まさか君にここで会おうとは思わなかった。
  • 15: こんな造作ないことはない。a
    • 世に常識ほど常ならぬものはない。
  • 16: 早ければ早いほどよい。
    • 健康な夢のない眠りであれば、眠れば眠るほど、それだけよく起きてから働くことが出来る。
  • 17-1: あの人には欠点があるがやはり私は好きだ。
  • 17-2: あの人には欠点があるからなお私は好きだ。
  • 18-1: 彼が泳げないことは金槌が泳げないと同然。
  • 18-2: 彼が泳げないことは僕が飛べないのと同然。
    • 二人とも不勉強
  • 彼より君の方が一層勤勉だ。
  • 19-1: この話によっていかに彼が世の中を知らないかがわかる。
  • 19-2: そういう人は少ない。

>Top 20 - 29:

  • 20-1: He is seldom goes out.
  • 20-2: It is hardly possible.
    • He hardly ever opens a book.
  • 21-1: You are too young to understand such things.
  • 21-2: He is too wise not to know it.
    • My spirits were too low for work.
    • It was too beautiful for words.
  • 22-1: He is too ready to speak.
  • 22-2: I am only too delighted to accept you kind invitation.
    • What he says is but too true.
    • The rest you know but too well.
  • 23: We cannot praise him too much.
    • I cannot thank you too much.
    • We can scarcely pay too high a price for liberty.
  • 24-1: We have two dogs; one is white, and the other black.
  • 24-2: We have two dogs, a white one and a black one; the one is larger than the other.
  • 25: Health is above wealth, for this cannot give so much happiness as that.
    • Young men, two paths lie before you, virtue and vice; this leads to misery, that to happiness.
  • 26: To know is one thing, to practice is another.
  • 27: The tail of a fox is longer than that of a hare.
  • 28: The ship was built in less than a year, and that in the midst of the war.
    • He writes English, and very well too.
  • 29-1: What with teaching, and what with writing my time is fully taken up.
  • 29-2: What by policy, and what by force, he always accomplished his purpose.

20 - 29:

  • 20-1: 彼はめったに外出しない。
  • 20-2: それはほとんどあり得べからざることだ。
    • 彼は本を開くことはほとんどない。
  • 21-1: お前はまだ若いからそんなことは解らない。
  • 21-2: 彼はそれを知らないほど馬鹿じゃない。
    • あまり元気がなくて仕事も出来なかった。
    • 言うに言われぬほど美しかった。
  • 22-1: あの男はしゃべり過ぎる。
  • 22-2: 大喜びでご招待に応じます。
    • 事実なるを如何せん。
    • その後は君がよくご存知の通りだ。
  • 23: どんなに褒めても褒め足りない
    • お礼の申しようもありません。
    • 自由を得るためにはどんな犠牲も厭わない。
  • 24-1: 家には犬が二匹いる。一つは白で、もう一つは黒い。
  • 24-2: 家には白い犬と黒い犬が二匹いる。白いのは黒いのより大きい。
  • 25: 健康は富に勝る。これはあれほど幸福を与えることで出来ないからである。
    • 青年諸君、諸君の前に二途あり、節制と放埒とである。これは不幸に至る道、あれは幸福に至る道。
  • 26: 知ると行うとは全く別事である。
  • 27: 狐のしっぽは兎のそれより長い。
  • 28: この船は一年もかからずに出来た。しかも戦争の真最中に。
    • 彼は英文が書ける、しかもなかなかよく書く。
  • 29-1: 教えるのやら、書くのやらで僕は少しも暇がない。
  • 29-2: 政略を用いたり、暴力を用いたりして彼は必ず目的を遂げる。

>Top 30-39:

  • 30: I do what is right in my own sight.
  • 31: He has had no regular education; he is what you call a self-made man.
  • 32: Coal and iron made England what she is.
    • I am not what I used to be.
  • 33: He is handsome, cleaver, and what is better still, very rich.
    • The rule should be few, and what is more important, comprehensive.
  • 34-1: This is all the money that I have.
  • 34-2: I will give you what money I have.
  • 35: Leaves are to the plant, what lungs are to the animal.
    • What the lion is among beasts, that is the eagle among birds.
  • 36: As the lion is king of beasts, so is the eagle king of birds.
    • As you sow, so will you reap.
    • As is the teacher, so is the pupil.
  • 37: It is in studying as in eating; he who does it, get the benefits, and not he who sees it done.
  • 38-1: He is as brave as any man alive.
  • 38-2: He is as brave a man as ever breathed.
  • 38-3: He is the bravest man that ever lived.
  • 39-1: Who in the world are you?
  • 39-2: He had not a penny in the world.
  • 39-3: The greatest naval power on earth.

30-39:

  • 30: 僕は自分で正しいと思うをする。
  • 31: 彼は正規の教育を受けなかった。あれがいわゆる自力で仕上げた男である。
  • 32: 英国の今日あるは石炭と鉄の賜物である。
    • 我は昔の我にあらず。
  • 33: 彼は美男で、才子で、なおいいことには、非常な金持ちだ。
    • 規則は少量であるべく、しかしてなお重要なことは包括的であるべきことだ。
  • 34-1: 所持金はこれだけ
  • 34-2: ありたけの金を皆あげよう。
  • 35: 葉の植物におけるは、肺の動物におけるが如し
    • 獅子の獣類におけるは、鷲の禽類におけるが如し
  • 36: 獅子は獣類の王、鷲は鳥類の王
    • 因果応報
    • 教師も教師なら生徒も生徒
  • 37: 学問をするのは食事をするのと同様で、利益をえるのはそれをする人で、人のするのを見ている人ではない。
  • 38-1: 世にも稀なる勇者
  • 38-2: 古今無双の勇者
  • 38-3: 古今未曾有の勇者
  • 39-1: 一体全体お前は誰だ。
  • 39-2: 彼は鐚一文もなかった。
  • 39-3: 世界第一の海軍国

>Top 40-49:

  • 40: He is something of a lawyer.
    • He is a bit of everything.
    • Do you see anything of him lately?
  • 41-1: You shall want for nothing as long as I live.
  • 41-2: Any book will do, so long as it is interesting.
    • So far as it concerns me, there is nothing wrong.
  • 42-1: I got up so early as to be in time for the express.
  • 42-2: I got up early so as to be in time for the express.
  • 43-1: I got up so early that I was in time for the express.
  • 43-2: I got up early (so) that I might be in time for the express.
  • 44-1: I work hard lest I should fail.
  • 44-2: I work hard for fear I may fail.
    • Take an umbrella with you lest it should rain.
  • 45-1: He had the kindness to show me the way.
  • 45-2: He was so kind as to show me the way.
  • 46-1: Do not trust such men as praise you to your face.
  • 46-2: He is such a fool that no one will keep company with him.
  • 47-1: He is not so much a scholar as a writer.
  • 47-2: He cannot so much as read his own name.
  • 48-1: He is rather hot-tempered, and owns as much.
  • 48-2: What takes you only three hours, takes me as many days.
    • I thought as much.
    • He meant no harm and I meant as little.
  • 49-1: Apples are sold at so much a piece.
  • 49-2: Apple are sold at so many for a hundred yen.

40-49:

  • 彼は法律も少しは知っている。
    • 彼は何でも少しずつ囓っている。
    • 近頃ちっとは彼に会うか。
  • 41-1: 私の生きている間はお前達に不自由はさせない。
  • 41-2: おもしろくさえあればどんな本でもよろしい。
    • 僕に関する限り、何も支障はない。
  • 42-1: 僕は早く起きたから急行に間に合った。
  • 42-2: 僕は急行に間に合うように早く起きた。
  • 43-1: 早く起きたから急行に間に合った。
  • 43-2: 急行に間に合うように早く起きた。
  • 44-1/2: 失敗するといけないから勉強する。
    • 雨が降るといけないから傘をお持ちなさい。
  • 45-1/2: 彼は親切にも道案内してくれた。
  • 46-1: 面と向き合って人を褒めるような人は油断がならない。
  • 46-2: 彼はあまりにも馬鹿だから誰も交際する人がない。
  • 47-1: 彼は学者というよりもむしろ文章家だ。
  • 47-2: 彼は自分の名を読むことすら出来ない。
  • 48-1: 彼は少々怒りっぽい方だし、自身でも怒りっぽいと言っている。
  • 48-2: 君が3時間しかかからないことは僕には3日かかる。
    • そんなことだろうと思った。
    • 彼は悪意でしたのではなかった。僕も同様に悪意でしたのではない
  • 49-1: リンゴは一ついくらで売買される。
  • 49-2: リンゴは百円でいくつで売買される。

>Top 50-59:

  • 50: They worked hard like so many ants.
    • I look upon it as so much labour lost.
  • 51: It was very cold last evening - so much so that I could not stir out of doors.
    • It was very cold last year - more so than it is this year.
  • 52-1: He is an Edokko, if ever there was one.
  • 52-2: He can do it, if any one can.
  • 52-3: If you do it at all, do it well.
    • He must be over fifty, if a day.
  • 53-1: He has ever so many children.
  • 53-2: Home is home, be it ever so homely.
    • Thank you ever so much.
  • 54-1: You seem to be a physician. So I am.
  • 54-2: I am a physician. So am I.
    • I don't like pork. Nor do I (Neither do I)
  • 55: I had waited an hour before he appeared.
  • 56: I had not waited long before he appeared.
    • I had not gone far before I met an old man.
  • 57-1: We had scarcely got on shore when it began to blow hard.
  • 57-2: We had no sooner got on shore than it began to blow hard.
  • 58: I shall see him before long.
  • 59: People do not know the blessing of health till they lose it.

50-59:

  • 50: 彼はさながら蟻のようにせっせと働いた。
    • 僕はそれだけの労力をまるで損したようなものと思う。
  • 51: 夕べは大変寒かった。戸外へ出られないほどだった。
    • 昨年は寒かった。今年よりも寒かった。
  • 52-1: 彼こそ本当の江戸っ子だ。
  • 52-2: 彼に出来なくて出来る者があろうか。
  • 52-3: いやしくもするからには、念を入れてせよ。
    • 彼は確かに50以上に違いない。そうでないならまだ1日にもならないといってよい。
  • 53-1: 彼はいくら子供があるか知れないほど沢山ある。
  • 53-2: どんなにみすぼらしくとも家はやはり家である。
    • お礼の申しようもない。
  • 50-1: あなたは医師のようですね。仰せの通り医師です。
  • 50-2: 私は医師です。私も医師です。
    • 私は豚肉は好かない。僕も好かない。
  • 55: 一時間も待ってからようやく彼がやって来た。
    • 56: 待つこと久しからずして彼がやってきた。
    • 行くこといくばくならずして一人の老人に会った。
  • 57-1: 我々が上陸するかしない内に風がひどく吹き出した。
  • 57-2: 我々が上陸すると同時に風がひどく吹き出した。
  • 58: 私は近々に彼に会います。
  • 59: 健康を失って初めて健康のありがたさを知る。

>Top 60-69:

  • 60-1: Persevere, and you will succeed.
  • 60-2: Persevere, or you will fail.
  • 61: One more effort, and yo will succeed.
    • One more such loss, and we shall be ruined.
  • 62-1: I love you more than he does.
  • 62-2: He does work hard, but somehow he remains as poor as ever.
  • 63-1: He will often sit for hours together, absorbed in deep thoughts.
  • 63-2: I used to take the Yomiuri, but not now.
  • 63-3: He would often come home drunk and beat his wife.
  • 64: I am used to hardships.
  • 65-1: I have a liking for that man.
  • 65-2: I have a dislike to that man.
  • 65-3: He has a genius for poetry.
  • 66-1: He took me by the hand.
  • 66-2: He struck me on the head.
  • 66-3: He looked me in the face.
  • 67: "I will ease you of your burden." So saying, the highwayman robbed the traveller of this money.
    • This medicine will cure you of your disease.
    • I cannot break myself of the habit of late-rising.
  • 68-1: I went to the station to see a friend off.
  • 68-2: He lived to see his son a great man.
  • 68-3: She wept to see her son in such a plight.
  • 69: I saw him enter the room
    • I felt the house shake.

60-69:

  • 60-1: 忍耐せよ。そうすれば成功するだろう。
  • 60-2: 忍耐せよ、さもなくば失敗するだろう。
  • 61: もうひと奮発だ、そうすれば成功する。
    • もう一度こんな損をすれば落第だ。
  • 62-1: 僕が君を愛するのは彼が君を愛する以上だ。
  • 62-2: 彼は稼ぐことは稼ぐが、どういうものか相変わらず貧乏だ。
  • 63-1: 彼は考え込んで何時間も続けて座っていることがよくある。
  • 63-2: 元は読売を取っていたが今は取っていない。
  • 63-3: 彼は、よく酔っぱらって帰ってきては細君を打ったものだ。
  • 64: 彼は辛いことに慣れている
  • 65-1: 僕はあの人がどこやら好きだ
  • 65-2: 僕はあの人はどこか虫が好かない。
  • 65-3: 彼は詩の天分がある。
  • 66-1: 晴れは私の手を取った。
  • 66-2: 彼は私の頭を打った。
  • 66-3: 彼は私の顔を見た。
  • 67: 「荷物を軽くしてやろう」と言って追いはぎが旅人の金を奪った。
    • この薬を飲めば病気が治る。
    • 朝寝の癖がどうしても直らない。
  • 68-1: 僕は友人を見送りに停車場に行った。
  • 68-2: 彼は息子の偉くなるまで生きていた。
  • 68-3: 彼女は息子のあわれな様を見て泣いた。
  • 69: 僕は彼が部屋へ入るのを見た。
    • 家が揺れるのを覚えた。

>Top 70-79:

  • 70-1: I will have some one come.
  • 70-2: I shall have some one come.
    • I had him come yesterday.
  • 71-1: I shall have may watch stolen.
  • 71-2: I will have may watch mended.
  • 72: To do my best, I could not understand the meaning.
    • He is, so to speak, a wise fool.
  • 73-1: He knows German and French, to say nothing of English.
  • 73-2: He does not know English, to say nothing of German or French.
  • 74-1: There is no staying at home in this fine weather.
  • 74-2: It is no use trying to excuse yourself.
  • 75-1: He is possessed of great wealth.
  • 75-2: I saw on every side faces expressive of anxiety.
    • There are many stories illustrative of the love of the Arab for his horse.
  • 76: The watch I lost was of great value.
  • 77-1: This pheasant is of my own shooting.
  • 77-2: I sent him a pheasant of my own shooting.
    • This sweater is of her own knitting.
  • 78: I will make a man of you.
    • Do not make an ass of yourself.
    • I can make nothing of what he says.
  • 79-1: Writing something on a card, he gave it to me.
  • 79-2: Written in an easy style, the book is adapted for beginners.

70-79:

  • 70-1: 誰かに来てもらおう
  • 70-2: 誰かに来られるだろう。
    • 昨日彼に来られた。
  • 71-1: 時計を盗まれるだろう
  • 71-2: 時計を直させよう
  • 72: 一生懸命になってもその意味がわからない。
    • いわば彼は賢いばか者だ。
  • 73-1: 英語はもとよりドイツ語、フランス語も知っている。
  • 73-2: ドイツ語、フランス語はおろか、英語すら知らない。
  • 74-1: こんな良い天気にとても家に閉じこもっちゃおられない。
  • 74-2: 言い訳をしようとしてもだめだ
  • 75-1: 彼は非常な金持ちだ。
  • 75-2: どっちを見ても心配顔ばかりだった。
    • アラブ人が馬を愛することを例証する話は沢山ある。
  • 76: 彼が紛失した時計はなかなか高価なものだった。
  • 77-1: このきじは僕が自分で撃ったのです。
  • 77-2: 僕は自分で撃ったきじを彼に贈った。
    • このセーターは彼女が自ら編んだのだ。
  • 78: 私がお前を一人前にしてやろう。
    • 馬鹿なまねをするな。
    • 彼の言うことは何のことかちっともわからない。
  • 79-1: 名詞に何か書いてそれを僕にくれた。
  • 79-2:  平易な文体で書いてあるからこの書は初学者に適する。

>Top 80-89:

  • 80-1: Written, as it is, in an easy style, the book is adapted for beginners.
  • 80-2: Living, as I do, so remote from towns, I rarely have visitors.
    • Living, as he does, so much among foreigners, he ought to be at home in English.
  • 81-1: Properly speaking, you have no right to interfere in the matter.
  • 81-2: Granting that he was drunk, that is no excuse for his conduct.
  • 82-1: Brave as he was, a tremour passed through him.
  • 82-2: Woman as I am, I may be of help in time of need.
  • 83-1: He may well be proud of his son.
  • 83-2: He is proud of his son, and well he may.
  • 84-1: You may as well call a cat a little tiger as call a tiger a big cat.
  • 84-2: You might as well call a horse a fish as call a whale one.
    • You might as well expect the river to flow back.
    • I might as well kill myself.
  • 85-1: Accidents will happen.
  • 85-2: This cork will not come out.
    • Boys will be boys.
  • 86-1: You shall live.
  • 86-2: He shall die.
    • You shall have this watch.
    • He must not, shall not die.
  • 87-1: Why should I not succeed?
  • 87-2: Why should I dwell any longer on the story?
  • 88-1: What a pity that things should have come to this!
  • 88-2: I am surprised that you should say so!
  • 88-3: Who are you that you should speak thus to me?
  • 89-1: One should obey the dictates of one's conscience.
  • 89-2: You should have obeyed your father.

80-89:

  • 80-1: この書はこの通り平易な文体でかいてあるから初学者に適している。
  • 80-2: 私はこの通り片田舎に住んでいるから滅多に訪れて来る人もない。
    • あのように外国人に交わっているのだから英語が達者なはずだ。
  • 81-1: 本当を言えば幹はこの件に干渉する権利はないのだ。
  • 81-2: 酩酊していたことは認めても、それは言い訳とはならない。
  • 82-1: さすが勇敢な彼もわなわなと身震いした。
  • 82-2: 女ながらもまさかの時には助けになりましょう。
  • 83-1: 彼が息子を自慢なのももっともだ
  • 83-2: 彼は子供が自慢だ、またそれも無理はない
  • 84-1: 虎を大きな猫というように猫を小さな虎と言っても良い
  • 84-2: 馬を魚と言えないように鯨を魚ということも出来ない
    • そんなことは川が逆さに流れるのを期待するようなものだ。
    • それくらいならいっそ死んだ方がましだ。
  • 85-1: 事故はどうしても起こるものだ。
  • 85-2: この栓はどうしても抜けない。
    • 子供はどこまでも子供だ。
  • 86-1: 貴様は助けてやる
  • 86-2: あいつは殺してしまう。
    • お前にこの時計をやる。
    • 彼が死ぬようなことがあってはならぬ、私が死なせはせぬ。
  • 87-1: 僕が成功して何悪かろう。
  • 87-2: もうこの話は詳しく述べ立てる必要はあるまい。
  • 88-1: 事ここに至るとは何という遺憾であろう。
  • 88-2: 君がそういうとは意外千万。
  • 88-3: そんな失敬なことを言うとは一体貴様は何者だ。
  • 89-1: 人は良心の命ずることに従うべきもの
  • 89-2: お前はお父さんの言うことを聞かなかったのが悪い

>Top 90-99:

  • 90: It is right that one should speak well of the absent.
  • 91-1: I would rather die that live in dishonour.
  • 91-2: You had better go to the seaside.
    • I would sooner die than yield.
  • 92-1: If you would be happy, be virtuous.
  • 92-2: Would that I were young again!
    • Would to Heaven I had never seen him!
  • 93-1: Whatever the matter may be, do your best.
  • 93-2: No matter what the matter may be, do your best.
  • 93-4: Let the matter be what it may, do your best.
  • 93-5: Be the matter what it may, do your best.
  • 94-1: If I knew it, I would tell you.
  • 94-2: I wish I had been there.
    • If I had been there, I should have been killed.
  • 95-1: The child talks as if it were a man.
  • 95-2: He talks as though he knew everything.
    • He is, as it were, a walking dictionary.
  • 96-1: Should I fail this time, I would try again.
  • 96-2: Had it not been for your care, I should have died.
  • 97-1: He worked very hard, otherwise he would have failed.
  • 97-2: I could not have acted otherwise.
  • 98-1: I might have been a rich man.
  • 98-2: A wise man would not do such a thing.
  • 98-3: Without water, nothing could live.
  • 98-4: To hear him speak English, one would take him for an Englishman.
  • 99-1: I cannot but laugh to hear such a story.
  • 99-2: I cannot help laughing to hear such a story.

90-99:

  • 90: いない人のことはよく言うべきものだ
  • 91-1: 生き恥をかくより死んだ方がましだ。
  • 91-2: 君は海岸へ行く方がいい。
    • 降参する位なら死んだ方がましだ。
  • 92-1: 心楽しからんと欲するならば徳を行え。
  • 92-2: もう一度若くなりたいものだ
    • 彼に会わなければよかったに。
  • 93: たとい何事であろうとも全力を尽くせ。
  • 94-1: 知っていれば話すのだが、知らないから話せない。
  • 94-2: あの時あそこへ行っていればよかった。
    • もしそこにいたら殺されていた。
  • 95-1: あの子は大人みないな話しぶりをする。
  • 95-2: 彼は何でも知らぬことはないようなことを言う。
    • 彼はいわば生き字引だ。
  • 96-1: 万一失敗したら僕はまたやってみる。
  • 96-2: あなたが介抱してくれなかったら私は死んでいた。
  • 97-1: 彼は非常に勉強した、さもなくば失敗したのだ。
  • 97-2: そうするより他はなかった。
  • 98-1: 金持ちになろうと思えばなれたのだに。
  • 98-2: 利口な人ならそんなことはしない。
  • 98-3: 水がなければ何者も生きることは出来ない。
  • 98-4: 彼が英語を話すのを聞いたら英国人だと思うね。
  • 99: そんな話を聞いては笑わざるを得ない。

>Top 100-112 :

  • 100-1: No one but a fool would do such a thing.
  • 100-2: He is nothing but a student.
    • What is coal but a kind of stone?
  • 101-1: Who should come in but the man we were talking of?
  • 101-2: Who would do such a thing but a fool?
  • 102-1: He is anything but a scholar.
  • 102-2: He is all but dead.
    • He will blame any one but himself.
  • 103-1: There is no rule but has exceptions.
  • 103-2: Who knows but it may come true?
  • 104-1: There is nothing so difficult but it becomes easy by practice.
  • 104-2: No one is so old but he may learn.
  • 105-1: I never see you but I think of may brother.
  • 105-2: I never see you without thinking of my brother.
  • 106: There is no rule that has not exceptions.
  • 107-1: But for his idleness, he would be a good student.
  • 107-2: But that he prevented me, I would have replied.
  • 108-1: I do not deny but that I know him.
  • 108-2: There is no fear but that he will succeed.
  • 109-1: It is true its flower is beautiful, but it bears no fruit.
  • 109-2: Indeed he is old, but he is still strong.
  • 110-1: He has both experience and scholarship.
  • 110-2: He has experienceas well as scholarship.
  • 110-3: He has not only scholarship, but also experience.
  • 111-1: Not that I dislike the task, but that I am unequal to it.
  • 111-2: The mountain is not valuable because it is high.
  • 112-1: It is an ill wind that blows nobody good.
  • 112-2: It is a skilful workman but never blunders.
  • 112-3: It is a bad action that success cannot justify.

100-112:

  • 100-1: バカでなくてはそんなことはしまい。
  • 100-2: 彼は一介の書生に過ぎない。
    • 石炭は石の一種でなくて何か。
  • 101-1: 誰が入ってくるかと思えば噂の主。
  • 101-2: バカでなくて誰がそんなことをするものか。
  • 102-1: 彼が学者なものか
  • 102-2: 彼はもう死んだものと言ってもいい位
    • 彼は自分が悪いとはどうしても言わない。
  • 103-1: 例外の無い規則はない。
  • 103-2: それが本当にならないと誰が知ろう。
  • 104-1: どんな難しいことでも慣れれば易しくなる。
  • 104-2: どんな老人でも学問は出来る。
  • 105: 僕は君を見るときっと弟のことを思い出す。
  • 106: 例外のない規則はない
  • 107-1: 怠けさえしなければ生徒とだが。
  • 107-2: 彼が止めなければ答えたのであったに。
  • 108-1: 僕は彼を知らないとは言わない。
  • 108-2: 彼が成功せぬといいう心配はない。
  • 109-1: なるほど花は美しいが、実を結ばない。
  • 109-2: なるほど年は取っているが、まだ丈夫だ。
  • 110-1: 彼は経験と学問と二つながら持っている。
  • 110-2: 彼は学問もあるが、また等しく経験もある。
  • 110-3: 彼は学問があるばかりでなく経験もある。
  • 111-1: 仕事がいやというい訳ではない、任に堪えないからだ。
  • 111-2: 山高きをもって貴しとせず
  • 112-1: 甲の損は乙の得。
  • 112-2: 弘法にも筆の誤り
  • 112-3: 勝てば官軍負ければ賊
Comment
  • It is a long lane that has no turing.
  • It is an original expression that has no imitation.
  • どんな長い道でも必ず曲がることがある。=人事にも曲折がある
  • 真似のないのは独創的な表現である。(=どんな表現にも真似の部分がある)

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |